葬式は家族形態が変わっていくと様式も多様化していく

葬式

葬式は家族形態が変わっていくと様式も多様化していく

葬式は死者を弔う儀式のことを言います。
葬式は通夜から葬儀、告別式の流れで進んでいきます。
葬式の流れで故人との別れを惜しむ友人や知人 親戚一同などが葬式に訪れます。
喪主や葬式を営む家族は訪れる人たちを迎え、食事を用意し、式の用意、寺への手配をしなければいけなくなります。
手配は家族だけで行えるものではありません。
そこで葬儀社がそれらの手配を代行することになります。
葬儀社がビジネスとして確率するまでは、地域の人たちが葬式を行う家族をサポートしていました。
ただ、最近は家族の形態が大家族から核家族になり、両親と子供が同居しないことも多くなりました。
別居している子供は親戚づきあいすることも少なく、親戚と面識がないため葬儀の連絡もできないこともあります。
そこで、家族層として親戚を呼ばない形や経済的な理由により、葬式自体を行わず直葬を選択する家族もあります。
ニーズの多様化により、葬儀社も通常の通夜・葬儀・告別式の流れのプランから、直葬や家族葬のプランを設定するように変化しています。