葬儀の方法は多種多様化しています

葬式

葬儀の方法は多種多様化しています

近頃では葬儀の多種多様化が進行していることもありまして、 広い範囲に亘る種類の葬儀プランが生まれています。
これによって、故人の望みや願望を取り入れた葬儀も実行しやすくなっています。
一般葬と言いますのは、今まで通り一般会葬者も含んで行う葬儀ということを意味します。
馴染みが深いといえ、たくさんの参列者が集中するためスケールの大きい葬儀というものになります。
加えて、家族葬はここにきて注目を集める葬儀スタイルで、原則として身内のみで葬儀を進行します。
一般会葬者は参列することありません。
付き合いの希薄化の要因もあり、家族葬をすることも多いといえます。
この他に、直葬は、家族葬と同じくここにきて増えてきた葬儀システムです。
通夜、あるいは告別式というような儀式をせず、火葬限定で敢行することから火葬式とも言われています。
原則として読経は行わず、小さなものと言えます。
儀式を実施しないため、宗教との関係は強くありません。