お墓に納骨するための基本的知識

葬式

お墓に納骨するための基本的知識

葬儀を実施した後、火葬場において遺体を焼いて、遺骨を出します。
通常の場合、遺骨に関しましては四十九日に至るまで直接の運営をし、それから墓に対して納骨することになります。
納骨に関してはイメージできるように、骨を納める儀式になります。
納骨につきましては四十九日法要時に実施するのが普通ですが、 ほかに百箇日、あるいは一周忌で行なわれることもあります。
法要と併せて行って、三回忌までに済ませます。
墓に対して納骨を行うのは、オーソドックスな納骨方法といえます。
菩提寺があるのなら菩提寺の墓を使いますし、無ければ新たな形で墓を作り出して納骨します。
墓に対して納骨する場合、もうすでに墓が準備してあれば、お布施や車代そして御膳料トータルで5万円程度が相場と言われています。
他に、墓石への彫刻料、或いは納骨時の必要な作業料が必要になります。
墓のケースでは、身近であり、形式が分かりやすいのがアドバンテージです。
耐用年数に関しても非常に高く、メンテナンス費もさほどかかりません。