通夜が終了した後の通夜振る舞いとは

葬式

通夜が終了した後の通夜振る舞いとは

通夜が終了したあと、参列者に対して食事そのものが振る舞われる事がしばしば見受けられます。
これに関しては通夜振る舞いと称されるもので、故人を偲ぶ場所という形で供されます。
通夜振る舞いの形式につきましてはエリアによっても相違して、料理、あるいは酒を提供されることもあれば、おやつを持って帰るだけである一方、お茶のみを提供されるケースがあります。
料理のケースでは、大皿においての料理並びにオードブルなどが一般的です。
特徴的なテーブルマナーはありませんが、単純に食事を摂るだけでなく、想い出などをはなし、遺族の精神を慰めるといった主旨もあります。
通夜振る舞いに加わる範囲に関しましては、地域の影響でも違ってきます。
一般的に考えて関東では、学校や会社関係者また、近所の人など一般会葬者も合わせて通夜振る舞いに加わります。
それとは反対に関西では、遺族、あるいは親族のみで行うことが多いといわれています。