弔意を表すための供花に関する基礎知識

葬式

弔意を表すための供花に関する基礎知識

葬儀に対して参列する局面で、弔意を表すために花を贈呈するケースがあります。
こうした花は供花と呼ばれており、遠方によって参列することができない人、あるいは 香典が要らない葬儀で香典代わりで贈ることもあり得ます。
故人に対して供える花で、霊を慰めると共に、会場を華やかにする意味も存在します。
参列する親族に加えて、遠方で参列不可能だった親族、あるいは親族の他の故人と親しかった方など、色々な人が贈ります。
香典とは分けて絶対下準備する必要はありませんが、 弔意を一層現すという点では実効性のある手段といえます。
仏教においては、百合、あるいは菊、さらにカーネーションといった花がしばしば利用されます。
高価な場合は、胡蝶蘭を活用することもあります。
どちらとも綺羅びやか色でなく、白といった落ち着きを持ったカラーを選びます。
原則として生花ですが、近頃ではプリザーブドフラワーといった造花を利用することもあります。

買うよりレンタルがお得

東京で荷物配達ならフリーラン

宴会にぴったりな屋形船
忘年会や新年会などのイベントにぴったりです

気になるビバレッジランキングで見てみませんか?

ワット数ごとに発電機をお選びいただけます

最新記事